職場不倫 疑われる

 

職場で上司と仲良くしていたら不倫を疑われた・・・

 

上司部下の関係が長く仲良くしていると、周囲から不倫を疑われることがあります。

 

例え、男女のどちらかが異性から人気があって注目されるようなキャラであれば
周りの目から好意を持たれやすくなり、ほかの異性との関係も敏感になるのも確かです。

 

お互いに好意を持っているとなると何かのはずみで恋愛関係になってしまうこともあるのも事実。

 

ましてや、すでに恋愛関係になってしまっているのであれば気を付けてください。

 

お互いに好きになってしまうことはとても素敵なことです。
しかし肉体関係を伴う不倫となると、言葉どおり社会的には許されない恋ってなってしまいます。

 

誰にも相談できなくてつらい恋で今悩んでいませんか?

 

 

 

職場不倫を疑われる周囲にバレやすい社内不倫

周りが職場不倫と疑われる不自然な行動と周囲の人たちが「社内不倫」と気付く瞬間というものがあります。

 

  • お互いに目で追っている
  • 少ない会話だけで意思疎通が出来てる
  • あうんの呼吸がある
  • 話すときの距離感が近い
  • 口調や使う言葉使いが似てきた
  • 仲良かったり悪かったりが顕著
  • 個人的な内容の会話が増える
  • 会社の知人に相談してしまう

 

会社の中でも違和感を感じるときというのはあるものです。

 

いわゆる距離感という空気が他の人とはちがってきてしまいます。
さらに、仲がよいはずなのにお互いに無視したり、態度や機嫌が悪いときもあるというのは決定的です。

 

仲がいいほど喧嘩するものですし、普通の関係であれば男女の仲良かったり悪かったりというのはありませんからね。

 

 

 

職場不倫している当事者の気持ちとは

 

不倫といっても当事者の気持ちがいつもお花畑であるという状態はないようです。

 

男女の関係であるので、どちらかが気持ちが盛り上がっても相手はそうでもないっていう状況はよくある話。
それでも少しでも、ちょっと気まずい関係にあるのであれば他の人には最低限バレないようには気にするものです。

 

ちょっとでも関係があるのであれば、2人にとっていくつもの秘密を持っており、2人だけのルールがあるものです。

 

それがうまくいってなくても、はかない2人の関係をほかの人にはバレないように必至に隠すことは間違いありません。

 

 

社内不倫の噂がたったときの対応

 

不倫というのは法律的には違法、そしてそれなりの罰が降りかかってきます。

 

  • パートナー以外にも態度や口調を変えない
  • 社内での会話には、配偶者や子供たちの話も混ぜるようにする

もしバレれば、制裁である金銭、そして社会的な制裁がくだされてしまいます。

 

いくら気持ちの問題を主張しても、第三者にとっては通用しないもの。

 

いくらあなたの正義であっても、周囲の人にとっては迷惑をかえ気持ちを傷つける行為でもあり、あなた自身の評価も大きくさがってしまうのです。

 

 

社内不倫がばれてしまったときの大きなリスク

たとえああなたが社会で信用がある人間であっても、一生周囲に与えてしまうイメージがでかすぎます。

 

  • 社内の信用を失い、降格や転勤、退職に追い込まれる
  • 相手の配偶者から慰謝料を請求される
  • 家族や知人を失ってしまう

 

これまでの頑張りや実績もすべて家庭と会社ではマイナスとなってしまいます。

 

もちろんそれでも大事にしたい思いがあるというのも大事かと思います。
しかし、不倫相手にかける迷惑を最小限にしたいという気持ちもあるでしょう。

 

家庭とパートナーをどっちを優先したらいいのか・・・

 

残念ながらやはり家庭や社会が優先されてしまうのが現実です。

 

 

きれいな社内不倫の終わらせ方

 

事が大きくならない前に大人の別れ方を選びましょう。

 

毎日どうすれば気持ちをコントロールできるのか分からず悩む毎日をおくってるかもしれません。

 

  • お互いの人生や家庭の幸せとはを理解する
  • 時間を距離を置いて自然消滅を狙う
  • 冷静になって友人関係になるよう努める
  • 心だけの関係であるセカンドパートナーを目指す

 

案外、あなた自身もそのゴールをイメージしているかと思います。
体だけの関係でなければ相手の幸せも考えていることでしょう。

 

我慢する、導いてあげる

 

そんな余裕のある気持ちがなければ、お互いに破滅の道へと進むだけです。

 

あなたたちはそんなゴールを望んでいたわけではないはず。

 

愛というのは、相手の幸せを考えること、我慢が大事かと思います。

このページの先頭へ戻る